More than Just Marketing:The5Pillars of Red Bull’s Success

ゲリラ・マーケティング、スポーツ・スポンサーシップ、コンテンツ・マーケティング。 30年以上にわたり、Red Bullはマーケティングおよび決め付けることの多数のマイル標石を置いて、マーケティングの成功のために熱望している新興企業のための青写真になった。 オーストリアで最も有名なブランドについてすでに流通している多くの記事に別のものを追加するのはなぜですか? レッドブルを世界で最も有名なブランドの一つにしたマーケティングの天才の通常の詳細を再現するのではなく、エナジードリンクメーカーだけでなく、トップに上がりたいスタートアップに翼を与える普遍的な原則を見てみたかったのです。

Red Bullロゴネオンサイネージ

Red Bullの創業者Dietrich Mateschitzは、タイへの出張でKrating Daengと呼ばれるエネルギードリンクを発見したとき、彼のベルトの下でコーヒーや歯磨き粉 1984年、彼はタイのパートナーであるChaleoとChalerm YoovidhyaとともにRed Bull GmbHを設立しました。 飲み物の味を適応させ、特に強力なマーケティングコンセプトに取り組んで三年後、未知の製品は飽和市場に上陸しました。 そして、最初にオーストリアで離陸し、その後ヨーロッパで、10年後に米国で、そして今世界的に離陸しました。

最初の低コスト、革新的なゲリラマーケティングの組み合わせは、その後、ブランディングとスポンサーにこれまで以上のお金をポンプ、マスメディアのマー それ以来、決め付ける満足な世界の試供品、紹介のマーケティング、作成および後援はマーケティングの作戦のための青写真になり、無数の記事で約書かれ しかし、レッドブルの優れた成功は、画期的なマーケティングを除いて、彼らの成功に貢献した五つの普遍的な柱の上に構築されています。 これは私たちが見たいものです。

: 何か古いもの、何か新しいもの

レッドブルは1987年に青から到着しませんでした–缶詰の非炭酸エネルギードリンクは、タイの実業家Chaleo Yoovidhyahによって発明され、Krating Daeng(翻訳:red bull) しかし、出張中で、伝説によると、Krating Daengとの時差ぼけを克服したDietrich Mateschitzは、製品の可能性を認識しました。 彼とYoovidhyahはそれを適応させ、ヨーロッパで成功させることに同意しました。 おなじみの人に新しいひねりを与えるためのMateschitzの才能は、それ以来、会社の鍵であることが証明されています。 マーケティングでは、Red Bullは実績のあるツール(製品サンプル、古典的な広告、メディア)を使用しましたが、古い帽子と革新的な羽を組み合わせました。 また、彼らの若いターゲットグループが識別する極端なスポーツやその他の経験を後援するとき、レッドブルは常に新しいものと慣れ親しんでいます。

本能:すべての懸念に耳を傾け、あなたの腸に従ってください

革新はあまりにも頻繁に抵抗に遭遇します。 レッドブルの打ち上げの準備をするとき、Mateschitzの計画は批判的な声のコーラスによって受け取られました。 彼が委託した市場調査の結果は奨励されていませんでした:レッドブルは失敗し、レッドブルはあまりにも不健康だった、ロゴとブランド名の両方が落ち 推薦-紹介しないでください。 しかし、Dietrich Mateschitzは彼の本能に耳を傾けることを決め、Red Bullのビジョンを追求し続けました。 データ、事実、予備的な研究と同じくらい重要ですが、あなたの腸の気持ちがあなたに押すように指示するならば、それはしばしばすべてのオッズに対して 結局のところ、消費者は通常、購入の決定を下すときに彼らの勇気に耳を傾けます。

忍耐:長期的に考える

オリジナルのRed Bullドリンクを適応させることから始めて、ローンチマーケティングを行うか、ブランドを開発する-Red Bullは最初から長期的な成功にコミットしています。 例えば、彼らはオーストリア市場にレッドブルを導入する前に、西洋の味覚のための製品を準備し、彼らのマーケティング戦略を洗練した三年間を費や 暴走的な成功であるにもかかわらず、レッドブルは徐々に周囲の国に拡大しただけでした。 彼らが最終的に米国に進出したとき、同社はすでに10年間ヨーロッパで成功していました。 ハイテク企業の投資家主導の急速な拡大とは対照的に、レッドブルは、一度に一歩を踏み出し、その成長の時間を取りました。 同じことがブランドの構築と維持のために、またはレッドブルの場合には–全体のブランディングの世界に行きます。

感情:より大きな画像に固執する

彼らのマーケティングを通じて、Red Bullは常にそれがエネルギードリンク以上のものであることを合図してきました。 あなたが彼らの公式の通信チャネルを見ると、飲み物という言葉は絶対にどこにも言及されていません。 それは極端なスポーツ、アドレナリン、エネルギー、冒険、要するに–優れたものの周りのイベントに来るとき代わりに、二つの充電赤い雄牛とのロゴは遍在 フェリックス-バウムガートナーの注目を集める”ストラトス”ジャンプから、サッカーからフォーミュラ1まで、世界的に開催されているクリフジャンプイベントまで、レッドブルがそこにあることを確認することができます。 飲み物の缶を販売することは決して率直な目標ではありません(最終的には、もちろんそうです)–それはターゲットオーディエンスを包含し、レッドブルと頭の中で不可分に関連している人生の感覚を伝えることです。 メッセージ:あなたは多くのことを達成したい、あなたは革新的でエネルギッシュです–と私たちはさらにあなたをプッシュします。

: ブランドのコアに忠実に

興味深いことに、Red Bullはブランドよりも製品の拡大に投資しておらず、収益の約40%をマーケティング活動に費やしています。 別に他の飲み物といくつかの”今月の味”といくつかの短命の実験から、コア製品はまだそれが常にあった同じエネルギードリンクです。 映画から出版、レストラン、スポーツや音楽のスポンサーまで。 レッドブルが関わってきた分野と同じくらい多様な–すべてのメッセージは、同じブランドを家に叩きつけ続けます。 だから、レッドブルは世界のトップブランドの一つのままになる可能性はかなり良いです。

Red Bullから離れてください:私たちのMARMINDトップのヒント

新しいものに慣れているものを組み合わせる–すべてのホイールを再発明する必要はありません。 新しい側面を追加するだけで十分です。

あなたの本能に耳を傾ける-あなたはしっかりとあなたの製品を信じていますか? その後、どのようなオッズに関係なく、続けてください。

商品ではなく感情を売る–それはターゲットグループの心の中にはるかに深く固定されます。

この投稿は、以下の記事に触発されました:

https://www.inc.com/hillel-fuld/3-marketing-lessons-tech-ceos-must-learn-from-red-bull.html

https://www.fastcompany.com/64658/its-red-bull-market-after-all

https://www.business2community.com/marketing/best-practice-how-red-bull-became-a-marketing-powerhouse-02057022

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。