ipcc第五評価報告書(ワーキンググループII)における損失と損害:テキストマイニング分析

要約

“損失と損害”は、緩和と適応の努力によって回避されていない、または回避することができない気候変動の影響を指す。 ワルシャワ国際損失被害メカニズム(WIM)の設立後、損失と被害は現在、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の下での気候行動の緩和と適応に加えて、第三の柱と考え この論文では、気候変動に関する政府間パネル(IPCC WGII AR5)の第五評価報告書へのワーキンググループIIの貢献が、この新たなトピックについて何を言ってい 定性データ分析ソフトウェア(テキストマイニング)を使用して、レポートが主に損失と損害に関連する気候ストレッサー、影響セクターおよび地域を評価し、これをWIMの焦点領域と比較します。 この研究では、IPCC WGII AR5は主に損失と損害を極端な気象事象と経済的影響と関連付け、それを主に将来のリスクとして扱うことが明らかになった。 現在の損失と遅い発症プロセスと非経済的損失からの損害は、はるかに少ない注意を受けます。 また、驚くべきことに、AR5は、小さな島国や後発開発途上国など、最も危険にさらされている地域よりも、高所得地域での損失や損害についてもっと言 この論文は、遅発性プロセスによる損失および損害、非経済的損失および損害、脆弱な国における損失および損害に関するより多くの証拠を含む

主要な政策洞察

  • IPCC WGII AR5は、主に突然発症した災害と経済的コストに関連して、損失と損害に関する証拠について議論しています。

  • 特にグローバル南部の脆弱な国では、遅発性プロセスによる損失と損害、および非経済的損失と損害について、より多くの研究が必要とされています。

  • 資金調達機関はこれらの分野の研究を支援すべきであり、IPCC WGII AR6はこれらのトピックにもっと注意を払うべきである。

  • 損失と損害は、将来のリスクであるだけでなく、気候ホットスポットの脆弱な人々にとってすでに現在の現実です。 社会科学者による人を中心とした研究は、現実の世界での損失と損害の意味の理解を高めるために不可欠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。