a systematic review of infectious illness Presenteeism:有病率、理由および危険因子

検索結果

この検索では、合計7079件の論文が得られ、参照リスト検索で追加の2件の論文が同定されました。 重複を除去した後、3580の論文が残った。 タイトルと抄録をスクリーニングすると、207の論文が全文レビューに転送されました。 このうち、163の論文は、感染症に関してpresenteeismを測定しているかどうかを明確にしていないために除外され、15の論文は、感染症の結果としてpresenteeismを測定していないために除外され、4は、仕事の生産性/パフォーマンスの変化のみとしてpresenteeismを測定して除外され、2はpresenteeismの有病率またはpresenteeismの理由または関連付けの結果を含まないために除外された。 その結果、23の論文がシステマティックレビューに含まれ、そのうちの1つは2つの研究について報告され、必要に応じて研究1または2と呼ばれます。 を参照。 1スクリーニングプロセスのフロー図と除外の理由について。

図1.1.1. 1
図1

審査プロセスのフロー図と除外理由

研究の特徴

24件の研究のうち、23件が横断的であり、そのうち20件が調査に基づいており、2件は一定期間にわたる医療記録レビューであり、1件は個別面接を含む定性的なものであった。 残りの研究は、参加者が完了した毎月の調査を含む将来的なものでした。 ほとんどの研究はアメリカ(n=11)で行われたが、7つはヨーロッパ(イギリス、ノルウェー、ポルトガル、ポーランド)で行われ、3つはカナダとニュージーランドで行われた。 含まれている研究のサンプルサイズは31から550,360の範囲であった。 参加者の年齢は18歳から97歳まで、男性参加者の割合は0歳から64.4%までです。 16の研究はヘルスケア部門の従業員に焦点を当てていましたが、5つは異なる組織の従業員に焦点を当て、1つは医学生に焦点を当て、1つはアメリカの一般集団からの参加者をサンプリングし、1つは就学前の子供の両親に焦点を当てていました。 インフルエンザ様疾患、呼吸器感染症、一般的に感染症、感染症の症状については、インフルエンザ様疾患、呼吸器感染症、感染症の症状については、十件の研究が行われている。 1つから離れてすべての研究は、感染症のpresenteeism有病率の結果が含まれていました,12ベースライン変数と感染症のpresenteeismの間の関連を評価しました,と10感染症のpresenteeismのための参加者の理由を評価しました. 完全な研究特性については、表1を参照してください。

表1研究特性の概要

品質評価

22の断面定量的研究の全体的な品質は不良であった(図参照)。 2). 研究の大部分は、収集されたデータがそれらの目的に対処するのに適切であった明確な目的を提供した。 しかし、サンプリング方法は、参加者が標的とされた集団内の特定のセグメントからしばしば選ばれたか、著者が選択に使用された基準を正当化 研究の大部分は、不十分なサンプリング戦略および/または小さなサンプルサイズのために代表的ではなかった。 標準化された測定値を使用した研究はいくつかあり、残りは測定項目について詳しく説明しておらず、その適合性については不明であった。 研究の大部分は低い(60%以下)応答率を有しており、そのように無応答バイアスのリスクが高まっていた。 二つの研究は、医療記録レビューであったため、応答率は適用されませんでした。

図1.1.1. 2
図2

横断面の量的な調査の質。 *MMAT=混合メソッド評価ツール

品質は、設計において前向きまたは定性的であった残りの二つの研究のために混合されました。 キャロル、Rooshenasは明確な目的と適切な方法論とデザインを持っていましたが、サンプルは選択された親のグループであり、標的集団の代表ではないため、募集 さらに、データ分析についてより詳細な情報が必要でした。 同様に、Rousculp,Johnstonは、サンプルが標的集団を代表するように選択されておらず、使用された測定値とドロップアウトの両方の説明が欠如していたため、募集に偏りのリスクが高かった。

presenteeismの有病率

二十から三の研究は、有病率スコアに職場と学校presenteeismを含めた一つの研究と医学生の配置presenteeismを測定した別の研究を除いて、すべての測定職場presenteeism、感染症を持つ人々のpresenteeismの有病率を報告しました。 Presenteeismに関するすべての措置は、病気の間に仕事や学校に行くとして概念化されましたが、測定の間にいくつかの不一致がありました。 たとえば、7つの研究では、過去12ヶ月を調査質問のカットオフポイントとして使用していましたが、他の研究では、2〜6ヶ月、年、インフルエンザの季節の長さ、またはカットオフポイントなしで異なるタイムラインを使用していました。 全体的なpresenteeism有病率は35から97%の範囲であり、医療部門で働いていた参加者の研究では、これは37から97%であった。 他の職業設定の調査は35から88を報告しました。6%のpresenteeism、および職場と学校のpresenteeismの両方を報告した米国の成人の代表的な調査は、過去五ヶ月で82.7%の有病率を報告しました。 キャロル、Rooshenasは就学前の子供のためのpresenteeismの有病率の結果を提供しませんでした。 個々の研究の結果については、表2を参照してください。

表2感染症の有病率、その理由および関連

報告されたpresenteeismの理由

参加者が感染症presenteeismを与えた理由を報告した10件の研究。 報告された理由は本質的に類似しており、組織的要因、職務特性、個人的な理由など、異なるオーバーアーチのテーマにグループ化することができます(個々の結果の表2)。

組織的要因

組織的政策

五つの研究は、presenteeismの理由として組織的政策に関連する要因を報告しました。 3つの研究では、病気の間に働くことは、参加者が病気休暇を支払っていないか、または利用可能な病気休暇がないためであると報告されています。 Veale、Vayalumkalは、参加者が組織からの明確なガイドラインを持っていないため、自宅にいることや仕事に入ることについて正しいことがわからないと報告し 最終的な研究では、両親は、彼らの保育園は、子供がRTIで保育園に出席できるかどうかについてのガイダンスを持っていないことを報告しました。

Presenteeism culture

五つの研究は、組織におけるpresenteeismが組織文化の中に埋め込まれた社会的規範であり得るという事実に光を当てている。 例えば、Perkin、Higton、Bracewell、Campbell、Rebmann、Turner、Veale、Vayalumkalは、参加者が病気のとき、特に他の同僚がそうしているのを観察したときに、同僚からの圧力を感じていると報告しました。 一部の参加者は、雇用主が病気のときに働くことを期待しており、同僚の誰も病気になったときに家に帰るべきではないと明示していました。

懲戒処分

5つの研究の回答者は、病気休暇を取ることが懲戒処分につながる可能性があることを懸念していました。 彼らの仕事を失うことの心配は主要な心配だったが、トラブルに入ることの恐れ、悪い評価を受けるか、または罰せられること、そして雇用保障について

仕事の特徴

カバーの欠如

六つの研究の回答者は、一時的な労働者が通常利用できないか、見つけるのが難しいため、カバーの欠如のために病気の間に仕事に出席していると報告した。 同様に、両親が病気のときに子供を保育園に連れて行くかどうかを決定するために、しばしば報告される理由には、子供の世話をするための代替ケア

プロ意識

5つの研究では、患者や同僚に対する義務があり、病気休暇を取ることが評判を危険にさらす可能性があるため、強い労働倫理を持つことは参加者の職業にとって重要であると報告されている。 たとえば、Chiu、Black、de Perio、Wiegand、Gudgeon、Wells、およびJena、Meltzerはすべて、参加者が同僚、患者、学生に仕事に就くことを専門的に義務づけていると感じたと報告しました。 このように、ヘルスケア業界で働いていた回答者は、代替品が特定のタスクを実行する資格がないことを心配していたため、他の人が顧客を処理させたくないことが多く、代替品や再スケジュールが患者のケアや幸福に与える影響の可能性があるため、診療所をキャンセルできないと感じていました。

ジョブ需要

三つの研究は、presenteeismの原因としてジョブ関連の需要を報告しました。 従業員は、仕事に戻ったときにタスクが取り消されたままになるため、仕事に戻ったときに余分な作業負荷に懸念していました。

個人的な理由

同僚への負担

三つの研究の参加者は、彼らが不在のために余分な作業負荷を同僚に負担したくないことを明らかにし、多くの場合、同僚に職務をカバーするように頼むことに罪悪感を感じました。 さらに、ある研究では、参加者は、彼らが彼らのためにカバーするために同僚に返済しなければならないと感じたことに留意した。

同僚からの認識

三つの研究の参加者は、病気の不在の場合に同僚がどのようにそれらを知覚するかについての懸念を報告した。 彼らは弱いと見られることを恐れていて、仕事を欠席していた場合、同僚の意見や印象を気にしていました。

病気休暇のしきい値

presenteeismの理由を実行する共通のテーマは、参加者が病気休暇を取るべきしきい値を満たしていないと考えることが多かったことで 四つの研究の回答者は、彼らの病気は深刻ではなく、彼らは働くのに十分であったと感じました。 同様の理由には、彼らの病気が職務を遂行する能力に影響を与えなかったことが含まれていました。 多くの回答者はまた、彼らの病気は感染性ではないと信じていたので、同僚、患者、学生にとって危険ではなかったので、仕事に出席することを選んだ。

金融不安

感染症の個人的な理由に陥った最後のテーマは、金融不安を懸念していた。 三つの研究は、金融ストレスがpresenteeismの原因であったことを示しました。 参加者は、家族を支援するために必要な病気休暇のために給与を失う余裕がないと報告しました。 同様に、病気のときに子供を保育園に連れて行く親の理由には、保育料が事前に支払われたという事実、これらの手数料は仕事からの収入に依存していたこと、代替保育を見つけることは余分な費用で来ることが含まれています。

その他の理由

presenteeismのためのいくつかの動機は、上記のテーマに快適に適合しませんでした。 これらには、病気休暇を取ることが許されるために医師のメモを取得するのが難しいか、あまりにも多くの努力をしている医学生や、病気休暇を取った場合に重要な経験を逃していると感じている医学生が含まれていました。 Hcpによって与えられたもう一つの理由は、彼らがすでに今年にあまりにも多くの仕事を見逃していたという事実を懸念していた。

提示主義の統計的危険因子

十二の研究は、異なる変数と感染症提示主義との間の関連を試験した。 これらは四つの主要なカテゴリにグループ化されました:社会統計学的要因、健康、インフルエンザ関連行動および雇用特性。

社会統計学的要因

ジェンダー

6つの研究で、ジェンダーと現代主義の関連性が評価され、一貫性のない結果が得られた。 三つの研究は、任意の重要な関連を見つけることができませんでした。 二つの研究は、女性が有意に多くのpresenteeismを報告し、一つの研究は、男性とpresenteeismであることの間に有意な関連を示したことを発見しました。 これらの研究の質の変化と矛盾した所見を考えると、我々はジェンダーと感染症のpresenteeismとの関連性の証拠は決定的ではないと考えた。

年齢

6つの研究で年齢と現代主義の関係が調査されたが、そのうちの3つの質の高い研究では有意な関連性は認められなかった。 残りの3人はすべて、若いことがより高いレベルのpresenteeismと関連していることを発見しました。 有意な効果を認めなかった研究では、サンプルの年齢範囲はわずかに小さかったため、これがこれらの知見に寄与している可能性があります。 しかし、この時点での対照的な所見を考えると、年齢と感染症のpresenteeismとの関連の証拠は決定的ではありません。

被扶養者

より質の高い二つの研究では、参加者が被扶養者を持っていたかどうか、または感染症の子供を持つ世帯の間に関連性は見られなかった。

健康

三つの研究は、参加者の健康状態が感染症の存在と関連しているかどうかを調べ、一貫性のない影響を示した。 Bracewell、キャンベルは自己報告された健康がpresenteeismとかなり関連付けられなかったことが分った。 同様に、より質の高い研究de Perioでは、Wiegandは、喘息または糖尿病などの慢性状態を有することは、提示主義と関連していないことを見出した。 しかし、がんや免疫抑制薬などの病気によって弱体化していない健康な免疫システムを持っていた参加者は、presenteeismを報告する可能性が高くなりました。

インフルエンザ関連行動

インフルエンザ関連行動は、研究に含まれていた別の要因でした。 Ablah,Kondaは、ILIと仕事をする意思が実際のpresenteeismと関連していることを発見しました。 同様に、チェンバース、フランプトンは、過去に多くのpresenteeismの日を持っていた人たちは、現在のpresenteeismの高いレベルを持っていたことがわかりました。 チウ、ブラックは、そのシーズンのために彼らのインフルエンザワクチンを受けていた人たちがpresenteeismの高いレベルを持っていたことを発見しました。 しかし、質の低い研究では、様々なインフルエンザ関連の行動変数と、そのシーズンのワクチンを受ける頻度、インフルエンザワクチンを受ける頻度、患者に推奨する場合、抗ウイルス薬を服用している場合などの提示主義との間に有意な関連性は見られなかった。 したがって、過去のインフルエンザ関連の行動と将来の意図が現在のpresenteeismと関連しているという役割のいくつかの兆候があるが、より堅牢な研究が必

雇用特性

職業

職業と感染症の関連性を測定した六つの研究。 Ablah、Kondaは、非健康職業とは対照的にヘルスケア部門で働いていた人は、presenteeismに従事する可能性が大幅に高いことを発見しました。 非健康の設定の中で、de Perio、Wiegandは学校の設定の職業のタイプの効果を見つけませんでした、または仕事が学校の内で起こったかどうか。 残りの4つの研究では、ヘルスケア部門、Bhadelia内の職業タイプを調べ、Sontiは職業タイプの影響を発見しなかった。 しかし、Bracewell、Campbell、Chiu、Black、およびGudgeon、Wellsはすべて、医師が看護師、助手、学生などの他の医療従事者よりもpresenteeismとの関連性が高いことを発見しました。 しかし、参加者が専門的または臨床的地位を持っているかどうかは問題ではないようでした。 さらに、長期ケアの設定とは対照的に、病院の設定で働いていた人たちも、より高いレベルのpresenteeismを持っていました。

経験

混合品質の四つの研究は、presenteeismに関する参加者の経験レベルを見ました。 仕事や職業における時間の長さ、またはpresenteeismを持つ医学生の訓練年の間に有意な関連は見出されなかった。

労働時間

二つの研究は、週に働いた時間数を見ました(例えば フルタイムまたはパートタイムの雇用)とpresenteeismとの重要な関連は見つかりませんでした。

患者のタイプ

混合品質の二つの研究は、医療従事者が世話をしている患者のタイプがpresenteeismに関連する要因であるかどうかを調べ、関連性は見つか

その他

雇用に関連するその他の要因には、仕事の満足度、および不在の場合に元に戻された仕事の量が含まれていたが、いずれもpresenteeismとの有意な関連性を示さなかった。 彼らの施設での感染管理措置の参加者の認識は、presenteeismの高いレベルを示す貧しいコントロールがあったと思った人と、presenteeismと関連していました。 Rousculp、Johnstonはまた、病気のときに自宅で働くことができなかった人は、より高いレベルのpresenteeismを持っていたことを特定しました。 しかし、これらの要因はすべて一度しか研究されていないため、これから結論を引き出す能力は限られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。